ブランド

【30代からにおすすめ】ETTINGER(エッティンガー)の名刺入れがビジネスシーンに最適な理由

投稿日:2018年10月4日 更新日:

ビジネスマンなら誰もが使う名刺入れ。

普通の没個性な名刺入れだと相手に与えられる印象も薄くなりがちですよね。

名刺交換の際に本当に交換をしただけでその後話もせずに、後々名刺を見返して「この人どんな人だったっけ?」となった経験は誰にでもあるはずです。

今回は相手にきっとインパクトを残せる、僕も愛用しているETTINGER(エッティンガー)の名刺入れを紹介したいと思います。

英国王室御用達の由緒ある名門ブランドです。

名刺入れ紹介

6年程愛用しているので、外側は少し傷が入っていますがそこまで気にならず今後もガンガン使っていけそうです。

こちらはエッティンガーのブランドラインでも特に人気の高い『ロイヤルコレクション』というシリーズ。

使用されているレザーはカーフレザーで、非常に柔らかな革でキメの細かい光沢が高級感を演出してくれます。

上記にもあるとおり、カーフレザーは柔らかな革なので一般的には取扱いが難しいとされていますが、エッティンガーのカーフレザーは経年劣化を極力抑える為に耐久力のあるレザーを選別しているんです。

証拠として実際に自分の名刺入れもそんなにマメにメンテナンスとかはしてないんですが、5年以上も使い続けてきたようには見えません。

まだまだ光沢も艶もありますし、革のしなやかさも保たれています。

そしてエッティンガーで何故このロイヤルコレクションシリーズが人気なのか、それは内側に秘密があります。

ロイヤルコレクション限定のカラー

実はロイヤルコレクションは内側のカラーが紫色なんです。

このようにシックで高級感のあるカラーリングが人気の理由。

実際に雑誌等でもよく紹介されています。

名刺入れで内側の色が紫ってあんまり見ないですよね。

黒色や茶色だと没個性でなかなか印象にも残りませんし、原色系の派手な色はビジネスやフォーマルなシーンにふさわしくありません。

ロイヤルコレクションは落ち着きのある上品な色味の紫なので相手に自分を印象付けることができるかもしれませんね。

女性ウケも良いモテアイテム

単色の名刺入れだと話題にもならないですし、派手すぎるのも女性ウケはあまり良くない。

となかなか名刺入れで個性を出すというのは難しいのですが、このロイヤルコレクションであればさりげなくオシャレアピールをすることができます。

紫も嫌味っぽくない落ち着いた色ですし、型押しされている紋章のマークも可愛らしいですよね。

この紋章はプリンス・オブ・ウェールズ紋章というもので、これがあるという事は『イギリス王室御用達』という証。

イギリス王室御用達となる為には3人の王族のうち1人以上に認められないとこの紋章を使用することはできません。

と言ったようにプチうんちくから話が広がるかも。

ロイヤルコレクションの弱点

カジュアルシーンには×かも

名刺入れはビジネスシーンで持つことが多いので気にすることはないと思いますが、ロイヤルコレクションは財布などにも展開されています。

ジーンズのようなカジュアルファッションだとロイヤルコレクションの雰囲気はちょっと合わないかなと思います。

人の好みによるので正解はありませんが、少しかしこまった雰囲気に見られてしまうかもしれませんね。

革のエイジングは見込めないかも

エッティンガーのカーフレザーは新品時で既に完成形。

上質な光沢や触り心地、高級感を存分に楽しめます。

一方でブライドルレザーなどのように『革を育てる』という楽しみ方はできないでしょう。

育てるといっても愛着を持って使用していればそれは十分育てている事になるんですけどね。

エイジングでの経年変化等はあまり大きくは見込めないと思います。

まとめ

エッティンガーの名刺入れはフォーマルなシーンにはこれ以上ない程の上品さを演出してくれます。

財布も非常に上質なレザーを元に丁寧に縫製されているので良いですよ。

僕は父親にロイヤルコレクションの札入れをプレゼントしました。

ただ、財布に関しては個人個人でこだわりのあるものを使用するかと思いますので、ビジネスマンでまずエッティンガーに触れるのであれば個性を出すのが難しい名刺入れからを非常におすすめします。

大人っぽさや上品さの中に内側のパープルカラーで遊び心も見せられる、そんな素敵なアイテムです。

スポンサードリンク

-ブランド
-, ,

Copyright© ぜきろぐ。ものレビューブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.