デジモノ

【レビュー】iQOSユーザーがgloを試してみた結果

投稿日:2018年9月14日 更新日:

僕は3年前に紙巻タバコから電子タバコに移行しました。

移行したメリットは非常に大きく、自分1人で吸う分には匂いもつかないですし、何より火を使わないのでかなりの安心感があります。

紙巻きの時は吸い殻を水に濡らして捨ててもやっぱり心配でした。

心配性すぎるだけなんですけどね。

現在は電子タバコブームとも言えるくらい周りの喫煙者もどんどん紙巻きから移行しています。

火付け役の原因となったのは完全にアメトークですね。

紹介されてから明らかに人気にブーストがかかりましたよね。

そんな中今電子タバコは今3種が競合しています。

メモ

・iQOS

・glo

・ploomtech

僕はiQOSとプルームテックは所持しているのですが、gloだけは持ってませんでした。

金額も2,980円と安いのでお試しで買えるレベルなのでどうしようかなと悩んでいたところ、先日無料で試す機会があったのでiQOSユーザーの目線からレビューをしたいと思います!

僕の中でプルームテックは他の2つと比べて完全に別ジャンルの電子タバコとして認識してます。

実際のところ、タバコ感を求める電子タバコの選択であればiQOSかgloの2択になるかと思いますので参考になれば幸いです。

この商品は現在取り扱いされていません

gloレビュー

gloはどういった電子タバコなのかはもう僕が説明する必要は無いかと思いますので、単純にiQOSとの比較で使用感のレビューをします。

今回はたまたま入ったドトールで無料でgloを試せるキャンペーンがされていた為、そちらで体験をしました。

本数制限など無く、どうぞ好きなだけ使ってくださいというスタンスでした。

行ったドトールは博多駅筑紫口店でしたが、公式HPを見てもgloのキャンペーンに関しての記載が見当たらなかったので、もしかしたら店舗限定なのかもしれません。

お近くの方はぜひどうぞ!僕が行った時は好きなだけgloが試せて、しかもドリンク1杯無料チケットも貰えるという超喫煙者優遇状態でした。

このご時世にありがたい・・・!!

サイズ感

専用ケースに本体とタバコが収納された状態で渡されます。

使用方法についてとアンケートカードのカードが入ってました。

アンケートカード(と言っても項目3つだけ)にチェックをして、返却時に店員さんへ渡すとドリンク無料チケットが貰えますのでお忘れなく!

サイズ感はiQOSのチャージャーと同じくらいでしたが、gloはiQOSのように別でホルダーがないのでそのまま本体を持って吸うことになります。

僕的にはそこまで大きくは感じませんでしたが、ずっしりとした重量は感じられました。

ただ、その分頑丈そうだなとは思います。吸うのが嫌になるくらいのサイズ感や重みまではないです。

フレーバー

レギュラー、メンソール、パープルメンソールと選べたんですが、僕はレギュラー派なのでレギュラーをいただきました。

他のフレーバーも試せますのでお気軽にどうぞ!と言われましたが、あんまり厚かましいのも嫌だったのでメンソール派の方はすみません・・・。

ちなみにタバコは未開封の新品でした。試す人あんまりいないのかな?

操作方法

iQOSと同じで電源ボタンを長押しするだけの簡単操作です。

タバコも差込口にそのまま突っ込むだけでiQOSのように刺さりにくい!とか一切感じなかったのは◎ですね。

iQOSを初めて吸った時も石焼き芋のような香ばしいというか燻したような匂いを感じたんですが、gloはそれをより一層強く感じました。

僕がiQOSに慣れているだけかもしれませんが、かなり香ばしめの匂いでした。

副流煙もその燻したような匂いがするので、iQOS同様タバコが苦手・嫌いという方の前では吸えないでしょう。

肝心のタバコ感ですが、思っていたとおりiQOSよりも弱いです。

その分軽やかな吸い心地だったので、女性の方や軽めのタバコを吸っていた方は良いのかな?と思いました。

iQOSからgloへ移行するのは僕はナシかなぁ。やっぱり喉へのキック感が欲しい。

タバコ感で言うとiQOS>>glo>>>>ploomtechという感じです。

 

試したわかったgloのメリット

タバコ感や吸った感じはiQOSには劣ったと感じたgloですが、その中でgloならではのiQOSには無いメリットを紹介します。

匂いが少ない

加熱温度の差でしょうけどiQOSよりもgloの方が匂いは少ないです。

それが顕著に現れるのが吸い殻ですね。iQOSの吸い殻の匂いは正直僕は大嫌いです。

特にレギュラーの吸い殻は臭いんですよ・・・。

メンソールの吸い殻はそこまで臭くなくて甘めの匂いなんですけど、何故かレギュラーの吸い殻はめっちゃ臭いです。

その吸い殻の匂いがgloはあまり感じられなかったので、後処理に気を使わなくても良いというのがポイントですね。

手入れが簡単

iQOSはブレードにタバコを刺して加熱するので、抜き取る時に葉っぱが出てきたり中にゴミが溜まりやすいんですが、gloは差込口にそのままタバコを収納する感じで置くだけなので汚れにくいなと感じました。

ブレードに刺したりもしないので、吸い殻クズもそこまで気にならないです。

何より故障の心配がiQOSよりも圧倒的に少なく感じます。iQOSは固体差もあるでしょうけど本当に不具合出やすいですから。

 

まとめ

タバコ感を求めて電子タバコに移行するのであればiQOSの優位性はまだ変わらないかなというところが僕の感想です。

gloはタバコ感で言うとiQOSよりも1ランク2ランク落ちますが、その分匂いが少なくて手入れが簡単、そしてプルームテックよりもタバコ感を感じられるデバイスでした。

iQOSとプルームテックの中間ですかね。

ただ、gloはこれからフレーバーが増える予定で吸い心地アップに更にこだわって新製品を出していくみたいなので、今後の改良に期待はできるかもしれません。

以前はどの電子タバコも品切れで買うことができませんでしたが、今はどこでも買えるようになっているので、気になる方は購入・もしくはキャンペーンをやっているドトールを探してみてください。

この商品は現在取り扱いされていません

スポンサードリンク

-デジモノ
-,

Copyright© ぜきろぐ。ものレビューブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.