【超高級車】マイバッハ試乗レビュー

投稿日:2018年10月3日 更新日:

マイバッハという車をご存知ですか?

普通はあまり聞かないと思いますが、超高級車です。

現在は『メルセデスマイバッハ』として販売されています。

販売価格は安いモデルで2,000万円以上、限定車だと1億円近くするという一生触ることも乗ることもないような車です。

ベンツSクラスのもっと更に上の高〜い車です。

そんなマイバッハに以前乗る機会があったので、少ないですが写真とともにレビューしたいと思います。

多分世の中のブログで「個人所有のマイバッハに乗りました。」とかのレビューをしている人ってかなり少ないと思うので。

大したことは言っていませんが、一般人の貴重な意見として見てみてください。
(そもそもマイバッハに乗ってる人ってネットにレビュー投稿したりしないと思うから・・・)

メルセデスマイバッハ

この車めちゃくちゃ大きいんですよね。

参考

■全長×全幅×全高:5645×1915×1495mm
■ホイールベース:3365mm
■車両重量:2330kg

という超大型セダンです。

大きすぎて車両感覚なかなか掴みづらかったです。

知らない方は大きいちょっと高そうな車だなと思いますが、わかる方は近づこうとはしませんね。

自分がもしぶつけたらと思うと恐ろしくて車両感覚だいぶ空けます。

まぁ煽られるような事は無いでしょう・・・。

エクステリア

威圧感が凄い。

後部座席と運転席は仕切りで完全に分けられているタイプでした。

見てもらったらわかると思いますが、駐車場のスペースからはみ出てます。

それほどでかい車です。

インテリア

写真が少なくて申し訳ないですが、運転席の雰囲気だけでも・・・。

ノーズがかなり長くて運転席からでも見えるので前ぶつけるという事はないですね。

内装も至る所に装飾がされていて、これは自分で運転するような車ではないと即座に理解しました。

手袋した白髪のベテランじぃやの運転手を雇うやつ。

走行性能

乗った時は怖くて飛ばしていないのでスペックはよく理解できていませんが、パワーは半端ないです。

車重2トン以上もあるのに、全く重さを感じず、アクセルを少し踏むと踏んだ分だけグイグイ進みました。

総排気量6,000ccのモンスターマシンなだけあります。

静音性もピカイチで運転していても後部座席にいても車の中とは思えないくらい居心地が良いです。

路面のノイズや高速道路の風切り音などとは無縁です。

マイバッハの後部座席で仕事をしたら捗るだろうなぁと思ってました。

他の高級車も

その時キャデラックも触れる機会があったのですが、これもデカイ。

なぜマイバッハ等運転できたのか詳しくは言えませんが、車は好きなのでこういった高級車に触れる機会があったのは嬉しかったですね。

ちなみにこのキャデラックは後部座席にお酒を楽しめるスペースがあったりとこちらも非現実的な空間でした。

当たり前ですが一般車のドリンクホルダーとは別次元ですね。

後ろに座るだけでもテンション上がる。

まとめ

この時は他にもベンツSクラスやレクサスLSなど色々な高級車に触れる機会が多かったのですが、まさかマイバッハに触れるとは人生で絶対にあり得ないと思っていたので嬉しかったです。

20代でマイバッハを運転した人って日本でも数えるくらいしかいないんじゃないでしょうか?

金額が高すぎて雲の上のそのまた上の存在ですが、またもう一度あの感覚を経験してみたいですね。

スポンサードリンク

-
-,

Copyright© ぜきろぐ。ものレビューブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.