スポーツ

大谷翔平がMLB新人王獲得!来シーズンの成績は?

投稿日:

海を渡った二刀流、大谷翔平がア・リーグ新人王を獲得しましたね。

ノミネートされたライバルも大谷よりも若く素晴らしい成績を残していたのですが、それらを抑えての獲得という事はメジャーでも二刀流はかなりの衝撃度があったんでしょう。

最終候補選手との成績比較

大谷以外に新人王にノミネートされた最終候補選手は下記2選手です。

ミゲル・アンドゥハー(23歳)

グレイバー・トーレス(21歳)

ともにヤンキースの内野手です。

2人とも大谷よりも若い選手ですね。ただ、大谷も24歳とそれほど変わりはありません。

同じく新人王を獲得した野茂や佐々木、イチローが海を渡った時は30歳前後の年齢だったので、24歳の若さで新人王を勝ち取ったというのも非常に価値がありますよね。

大谷を含めた3名の成績はこちらです。

大谷翔平

投手

10試合 4勝2敗 防御率3.31 投球回51.2 奪三振63 WHIP1.16

野手

114試合 打率.285 安打93 本塁打23 打点61 盗塁10 OPS.925

ミゲル・アンドゥハー

149試合 打率.297 安打170 本塁打27 打点92 盗塁2 OPS.855

グレイバー・トーレス

123試合 打率.271 安打117 本塁打24 打点77 盗塁6 OPS.820

新人王獲得の理由

成績を見てみると実質的には大谷とアンドゥハーの一騎打ちですね。

世間ではアンドゥハーの出場試合数が評価されたりなどしていましたが、こうして比較をしてみると大谷が新人王を獲得したのは必然のように思えます。

実際に1位票占有率は約83%と得票数でも2位に大差をつけての当選でした。

球団のフォロー

大谷は今シーズン途中に肘内側側副靱帯の損傷が発覚して、一時期はDL(故障者)リスト入りをして離脱をしました。

その時はもう今シーズン、いや来シーズンももしかしたらダメかもしれないと思ったのですが、球団の適格なフォローと大谷本人の冷静な判断もあり、当面の間は打者に専念する事となりました。

この舵の切り方やタイミングが本当に素晴らしかったと思います。もし判断が遅れていたら・・・、無理やり二刀流を続けて投手としても出場していたら・・・。

怪我がより悪化したり、新人王を獲得するような事は無かったでしょう。

投走攻守の突出した能力

そして何よりも大谷自身の素晴らしい能力があってこその新人王獲得です。

・投げては100マイルに高速フォークや曲がりの大きいスライダー

・走っては2桁10盗塁

・打っては22本塁打でOPSも.925と長打力抜群

・守る機会は今はほとんどありませんがNPB時代にはルーキーイヤーから外野手として54試合の出場ながら捕殺を7度記録したレーザービーム

いずれの能力も突出したもので、それらはメジャーに行っても引けを取らないどころか、世界を圧倒する超一流のものだったんだと思わせてくれています。

野球ファンとして大谷は見ていて本当にワクワクさせてくれます。

来シーズンについて

早くも来シーズンが待ち遠しいですが、大谷は2018年10月1日に靭帯再建手術(トミージョン手術)を行った為、来シーズンは投手としての出場は無いという事が球団からも公言されています。

その代わりに打者に専念をして2019年シーズンに臨むとの事なので、個人的な成績予想をしたいと思います。

まぁでも冷静に考えて、ピッチャーとして出場できないからバッターとして出る、しかもメジャーの舞台でって本当に凄いですよね・・・。漫画でも無いですよ。

2019年シーズン打者成績予想

130試合 打率.300 安打160 28本塁打 打点86 盗塁20 OPS.917

今シーズンの成績と来シーズンに行われる大谷対策を考えるとこのくらいかなと予想します。

試合数についてはエンゼルスはプホルスもいて今シーズンも併用でしたし、いくら大谷が打者に専念するといっても肘の治療中という事もあるので、130試合程度かなと見ています。

本当は全試合に出てもらいたいですし、そうすると本塁打は40本手前、打点は100、盗塁も30近くとトリプルスリーも狙えると思うんですけど、怪我や球団編成の事もあるのでそううまくはいかないですよね。

それでも大谷は「無理だ」「不可能だ」と言われてきたことを全て跳ねのけてここまでやってきたので、この成績予想を良い意味で大きく裏切ってくれる事を大いに期待しています。

まとめ

来シーズンは投げて打っての姿が見られないのは寂しく思いますが、まだ24歳という若さなので肘はゆっくりと治してもらって、また再び二刀流の姿を見せてもらいたいです。

そして2020年シーズンは2桁勝利に30本塁打、その翌年には投手打者それぞれの主要タイトルを獲得できるような活躍を願っています。

なんだかこれだけ書くと夢物語のように思えますが、不思議と大谷ならできるんじゃないかと感覚がマヒしてきますね(笑)

スポンサードリンク

-スポーツ
-,

Copyright© ぜきろぐ。ものレビューブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.