グルメ

大阪人のソウルフード!551の豚まんをおすすめしたい

投稿日:2018年9月27日 更新日:

大阪帰省ブログ第2弾

ある時〜ない時〜

関西人にはおなじみの551。他地区ではなかなか購入する機会がないんですよね。この前博多阪急に物産で来てましたけど、2時間待ちの列とかですぐ諦めましたwそこで今回は大阪帰省ブログ第2弾として551を紹介したいと思います!僕にとってのソウルフードです。

551とは

スーパーや自社以外のインターネットショップでの販売は一切行っていません。たまに百貨店の催事があるくらいです。品質が落ちてしまうとの事で冷凍商品の販売も行っていないという徹底ぶり。また、類似品の販売も数多くある為、公式のアナウンスで551のロゴが入っている商品をマークにお買い求めくださいと記載があるくらいですw

名物の豚まん

肉まんではなく豚まんです!関西人としては馴染みがありすぎてコンビニなどで売っている肉まんとは完全に別物として認識していますw551とそれ以外みたいな。

特徴としてはやはり鮮度。冷凍をしないという事もありますが、毎日自社で手包みをしています。保存料なども無添加なので安心安全。あとはとにかく美味しい!餡がジューシーで肉の旨味はもちろん玉ねぎの甘みも普通の豚まんとはひと味もふた味も違います。

他のメニューもおすすめ

豚まん以外にも

焼売

甘酢肉団子

餃子

アイスキャンデー

などがありますが、僕がいつも豚まんと一緒に購入するのは中華ちまきです。もちもちでこれがまた美味しいんですよねw今回も購入しました!

関西空港店での購入

福岡へ戻る時に関西空港店で購入しました。そんなに並んでないだろうと思っていましたが、読みが甘く結果30分ほど並びましたwでもどうしても買って食べたかったので悔い無し!やっぱりお土産としても人気ですね。

関空セットと松茸ちまき

観光客向けのセット品で関空セットなるものが販売されていたので、地元民ですが今回はそのセットを購入しましたw

内容品は

豚まん4個入り 2セット

焼売10個入り 1セット

と定番品が保冷バッグとセットになっていました。

こちらの保冷バッグですが、意外とちゃんと作られていて551お持ち帰りの天敵である匂いも少し軽減されていましたw購入したことがある人はわかると思うんですが、チルド品なのでどうしても匂いが発生してしまうんですよねwそして周りの人に気を使いながら福岡へと戻りました・・・

実食

保冷バッグを開けると

お馴染みの赤いパッケージ!なんか妙にテンションが上がりますw

後は松茸ちまきですね。実はこの後豚まんや焼売、ちまきの出来上がった写真撮るのを忘れてしまったのでこれらしかありませんw食べたい欲が勝ってしまいました・・・すみません(´;ω;`)味は言わずもがな旨いので特に言うことはないんですけどね!!!

豚まんおすすめの温め方

一つお得な情報として美味しく食べられる豚まんの温め方を教えます!w本当はせいろで蒸し直しが一番良いんですが、一般家庭に蒸し器ってそうそう無いですよね。せっかくのもちもちの皮が固くなってしまって台無しになるので、そのままラップしてレンジでチンは絶対にNGです!

おすすめは

ポイント

①豚まんを一度水に濡らす(思い切って丸ごと濡らしてください)

②振って軽く水気を切る

③皿に並べた後濡らしたキッチンペーパーを豚まんの上に被せる

④その上からラップをして規定時間レンジでチン

これでふわふわの豚まんが食べられます。水で丸ごと濡らすというのは抵抗あるかもしれませんが、霧吹きでやるよりも思い切ってじゃぶじゃぶと濡らしてみてください!

まとめ

関西圏以外で手にする機会があまりないので口にすることは少ないかもしれませんが、本当に美味しいです!結構ボリュームあるので、満足感もありますよw一応公式HPで通販はあるんですが、やっぱり店舗に行って雰囲気も味わってもらいたい!送料もクール便で1,000円弱かかってしまうので・・・w本店は本当に包みたての出来たてが食べられます!大阪のソウルフード是非一度お試しください!

スポンサードリンク

-グルメ
-,

Copyright© ぜきろぐ。ものレビューブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.